メリットとデメリット

バーチャルオフィスを利用する場合、メリットやデメリットはぜひ知っておきたい知識です。特にデメリットを把握せずにメリットだけを見て選んでしまうと、起業した後でさまざまなトラブルに発展してしまう危険もあります。そういったトラブルを回避するためにも、メリットとデメリットをキチンと把握するようにしておきましょう。

バーチャルオフィスのメリットは、やはりなんといってもレンタルオフィスや通常のオフィスと違って非常に値段が安いという点にあります。レンタルオフィスなどでは敷金、保証金などが掛かるためどうしても高くなってしまいますが、バーチャルオフィスはそういった余計な出費がないため、安い物では数千円、高くても数万円程度のコストで借りる事ができます。またオフィスそのものではなく、住所などだけをレンタルしますので都心の一等地に会社住所を置くことが可能で、取引先と良い関係を築きたいという場合にも重宝します。

一方でデメリットとして、他社と住所が重複してしまう場合があるという点が挙げられます。バーチャルオフィスは複数の会社が利用できるため、自社だけがその住所を利用しているという訳ではありません。ですから会社の住所を検索された際に複数の企業が表示され、バーチャルオフィスであることがわかってしまうという事もあります。バーチャルオフィスは住所だけですので、どうしても取引などで軽視されてしまう事も多く、バーチャルオフィスであることが原因で取引先とのトラブルに発展してしまう事もあります。